多く確定申告した税金を返金してもらいました

スポンサーリンク

私は個人事業主なので、確定申告をしています。
青色申告者なので、毎年65万円までは所得控除されますが、去年の確定申告で、うっかり65万円を所得控除せずに申告してしまいました。(毎年確定申告しているのに、まさかの初歩的ミス!)
1年後の今年それに気づき、「更正の請求」をして税金を返金してもらうまでの流れをまとめます。

「更正の請求」について

■「更正の請求」とは?
実際より多く所得申告してしまった場合の返金手続き
【国税庁HP>[手続名]所得税及び復興特別所得税の更正の請求手続】

■必要な用紙のもらい方
上記URLにあるPDFでダウンロードするか、税務署で用紙をもらう

■請求期限
法定申告期限から5年以内

■経緯

2016年3月
2015年度の確定申告時に65万円の所得控除を忘れ、実際より多く所得申告

2017年3月
前年度の申告間違いに気づき、「更正の請求」書類を記載して税務署に提出

2017年4月
更正の請求をした時に指定した銀行にお金を振り込んだ旨の「国税還付金振込通知書」が届く(しかし振込エラーで振り込まれず。詳細は後述。)

2017年5月
税務署から、お金が振り込めなかったと電話あり。
実は結婚して名字が変わっても銀行で名義変更をしておらず、税務署に届け出の名字と銀行口座の名字が違うため振り込めなかったとのこと。最寄りの郵便局で身分証明書を見せれば窓口でお金を受け取れるとのことだったので、手続きに必要な通知を送ってもらうよう依頼。

数週間後、「国庫金送金通知書」が届き、郵便局窓口で無事返金してもらえました。

所得を多く申告してしまったのも、振込口座の名義変更をしていなかったのも自分のミスですが、わざわざ電話までもらって返金してもらえて良かったです。
でも税務署から電話が来るとびっくりしますね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする