[\330] 6ヶ月(20週):羊水検査の結果

スポンサーリンク

クワトロ検査の結果、ダウン症の確率1/75という数字が出て、2日後に羊水検査を受けました。

そしてちょうど2週間後、羊水検査の結果を聞きに病院へ。
一人で聞く勇気が無かったし、夫も結果を気にしながら仕事なんてできないと言ってたので、夫にも一緒に来てもらいました。

待合室で待ってる間はずっと緊張してました。そして名前が呼ばれて診察室へ。

医師から「とりあえず結果からお伝えすると、問題ありません。染色体の数は正常です。」と言われ、安心して体の力が抜けました。「それから性別は女の子です。」と。

そして次回の妊婦検診の予約をして、診察室に入ってから5分くらいで退室しました。

待合室に戻って、安心感から涙が出ました。本当に良かった。もちろんダウン症以外の障害については分からないけど、とりあえず出生前に分かる範囲では問題ないようで、本当に安心しました。夫とも、その後しばらくはずっと「良かったね、本当に良かった。」と言い合いました。

出生前診断騒動を終えて思うのは、それでも私は、クアトロ検査は受けて良かったと思います。

42歳での出産なので、クアトロ検査の数値は高く出やすいから初めから羊水検査の方が良い、という意見もありますが、私は第一子の時も39歳での高齢出産で、その時のクアトロ検査では21トリソミー1/3,600という良い数値だったので、羊水検査はしませんでした。

今回も流産のリスクのある羊水検査はできれば受けたくなかったので、数値が良ければ羊水検査はしないつもりでした。クアトロ検査は母体の血液検査だけで流産のリスクは無いので、クアトロ検査で問題なかったかもしれなかったのに、いきなりリスクのある羊水検査を受けるという選択肢は、私にはありませんでした。

結果が出るまでにクアトロ検査後2週間、羊水検査後2週間と合計1ヵ月近くやきもきしたけど、いきなり羊水検査、ではなくクアトロ検査→羊水検査という流れにして、私は良かったと思います。